なかなか釣れないカサゴをこっそり釣る方法

激戦区でのカサゴの戦略的な釣り方と仕掛け

田舎や離島の防波堤であれば、どのようなエサであろうとどんな釣り方であろうとそれなりの釣果が得られるのがカサゴ釣りです。

 

 

 

 

しかし、中核都市や大都市の防波堤やそこから車で1時間圏内で行けるような防波堤は場荒れがひどく、思ったようにカサゴが釣れないものです。

 

 

穴釣りをしても、ワームをジグヘッドに付けて探ってもアタリすらないことが頻繁にあります。

 

 

実はカサゴ釣りには「適した時期」というものがあります。
日本全国では微妙に違うのでしょうが、大体晩秋の11月ぐらいから4月の桜の花が咲くころぐらいまでが狙いやすく釣りやすいシーズンだと言えます。

 

 

しかもメバルほど顕著な傾向は見られませんが、カサゴ自体は完全夜行性の魚ではないものの、夜のほうが断然食いが良いのです。

 

 

したがって寒い時期の夜釣りがメインとなります。

 

 

この時期は、防波堤から釣り人が極端に少なくなる時期です。^^;

 

 

特に冬場の夜釣りは、防波堤に誰もいないことがほとんどです。

 

 

 

 

なので、冬の夜の寒さに立ち向かう行動力さえあれば、案外カサゴは簡単に釣れる魚でもあるのです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

カサゴの戦略的な釣り方と仕掛け

 

冬の寒い夜釣りがメインとなるカサゴ釣りでは、短時間でそれ相応の数を釣って釣り場から早く撤収することが心身ともに良いと思われます。(笑)

 

 

なので短時間決戦で釣り場に臨むことがポイントです。

 

 

まずは仕掛けをご覧ください。

 

・ロッドはクロダイ用の3・6〜4・2メートルのズームが使いやすいです。

 

・リールは小型の両軸リールがやはり使いやすいです。

 

・ミチイトはクロダイ用のナイロン2.5号〜3号そのままで良いです。

 

・ケミホタルミニは水深に合わせて移動させて、目印とします。

 

・ハリスはフロロカーボンの2〜3号を0.5〜1メートルぐらいとします。

 

・ガン玉は5Bから6Bを1つから2つ付けて基本防波堤の際の海底部分を探ります。

 

・ハリはチヌバリ、丸セイゴ、渓流バリ、根魚などの太軸が良いです。

 

 

エサは太めのアオムシを7センチぐらいの長さでハリに刺します。

 

 

基本的に探るのは防波堤の壁面の付け根部分ですが、カラス貝の層の下だとか、防波堤の穴ポコがあるところや割れ目に潜んでいることも多く、海底から水深1メートルぐらいまでの縦のラインを仕掛けを上にあげて止める、上にあげて止めるの繰り返しで釣果が伸びます。

 

 

もちろんですが、防波堤周辺の捨て石周りや穴ポコの中なども狙ってみることです。

 

 

冬場の水温が低いときはアタリも小さなことが多く、アタリがあってしばらくして送り込んでからアワセを入れるようにするとハリをのまれることも多いのですが、釣れる確率が上がります。

 

 

カサゴの脈釣りもクロダイやメバル同様に、歩いた距離とエサを付けて海に投入した回数に比例して釣果がアップします。

 

 

フットワークを軽くして短時間決戦で臨むことがコツですし、大漁捕獲は避けて、不必要なものはリリースしてあげることがカサゴを減らさないことにつながります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トップページに戻る

 

スポンサードリンク

ご参考に!!