メバルの入れ食いを体験しましょう!

数も型も揃うメバルの仕掛けと釣り方

防波堤からのメバルの釣り方は大きく分けると、

・脈釣り
・ウキ釣り
・メバリング

の3種類ですが、短時間で数も型も揃う釣り方は脈釣りが一番です。

 

 

脈釣りには、のべ竿と呼ばれる渓流竿やメバル専用ののべ竿を使った釣り方とクロダイの落とし込み竿を使った釣り方がありますが、手返しが早いのはのべ竿を使った脈釣りです。

 

 


のべ竿を使った脈釣りは、20センチぐらいのメバルの引きでも十分に堪能出来て釣趣もあり実に楽しいのですが、良いことばかりではないのです。^^;

 

 

防波堤釣りでメバルが生息しているポイントはクロダイシーバス、ポイントによってはアコウなどの大型魚も生息しており、これらの外道がハリに掛かった時は、イトが出せないのべ竿ではたいていはバラシてしまいます。(涙)

 

 

ですから、おすすめは個々のポイントによっても違いますが、オールラウンドで使用できる短めの落とし込み専用ロッドに小型両軸リールを付けたタックルが釣りやすく、大物が突然来ても心配がいりません。

 

 

このようなタックルと仕掛けがオールラウンドで使えます。

タックルと仕掛けを解説いたしますと、

 

ロッド
2・7メートルぐらいの短めの竿が船溜まりや漁港などを狙うときも取り回しが良くて重宝しますし、それ以上長くなるとラインコントロールが難しくロープにハリが掛かりやすくなります。
メバル攻略用ヘチ竿

 

 

リール
リールは夜釣りが多いために操作性に優れた小型両軸リールが使いやすいものです。
こちらのリールが使いやすくておすすめです。

 

 

ミチイト
ミチイトは2号〜3号のナイロン製。

 

 

ケミホタル
ケミホタルは昼夜ともに目印となり、狙うタナに合わせて使います。

 

 

ハリス
ハリスは日中はフロロカーボンの0.8号を主に使います。
夜釣りの場合は1・5号、場合によっては2号まで太くするときもあります。

 

 

ガン玉
ガン玉はBから6Bを状況に応じて使い分けますが、基本的に夜釣りの浮いているメバルを狙うときは2Bをハリの上5センチぐらいのところに付けてゆらり・・・・ゆらり・・・落としていくと良く食います。

 

 

ハリ
ハリは釣れるメバルに応じてサイズを合わせます。小型狙いの時は袖型8号〜9号。
20センチ以上が良く出るポイントでは、メバルバリ9号〜10号、渓流バリ9〜10号がバレにくく、エサによってはチンタメバルやピチメバルなどの同じ号数のハリも使いやすいものです。

 

 

私は初めての釣り場では何が釣れるか分からないために、のべ竿を使うことはほとんど致しません。

 

 

のべ竿を使ってメバルの数釣りを楽しむためには、同じ場所に何度も通って大物のクロダイやスズキなどがほとんどいないことを確認した上でやるようにしています。

 

 

手返しが抜群に早く、釣趣があるのべ竿でのメバル釣りができる釣り場は限られてはいます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

数も型も揃うメバルの釣り方

 

 

日中でもメバルは釣れることは釣れるのですが、数も釣りたい!大きなメバルを釣りたい!というのであれば、夜釣りが断然おすすめです。

 

 

デイゲームのメバリングで尺メバルを釣ろう!などという釣り雑誌の特集を見て私も何度も何度もチャレンジしましたが、ほとんどボウズです。(涙)

 

 

よほど場荒れしていないような釣り場でもない限り、尺メバルそのものもいませんし、20センチぐらいのメバルさえいないところでデイゲームのメバリングをすることはメバル釣りが大嫌いになる早道ではないか?と思います。(爆)

 

 


よほどの腕利きか、未開拓の釣り場でもない限り、メバルは夜のエサ釣りのほうが断然簡単に数も型も揃います。

 

 

夜の波が穏やかな時は驚くほど浅いタナに浮いていることも多く、どうかすると水深50センチぐらいのところでも釣れますが、たいていは1ヒロ(1・5メートル)以内に浮いていることが多いのです。

 

 

こういうメバルを数多く釣るためには、小型のクーラーをたすき掛けにしてドンドン歩いて回るのが効率的な釣り方です。

 

 

エサのアオイソメやイシゴカイをエサ入れに入れてベルトに掛けて、同じタナを狙い撃ちにしてメバルをホイホイ…と、拾い釣りをすると数が揃います。

 

 

メバルの活性が高いときは、エサを付けたハリを落とした回数だけメバルが釣れることも珍しくありません。

 

 

問題は、メバルが浅いタナに浮いていないときの釣り方ですが、防波堤の海底から水深1メートルぐらいのレンジを丹念に探って「その日のメバルの当たりダナ」を探す必要があります。

 

メバルは群れをなして刻々とタナを変える魚ですから「その日のメバルの当たりダナ」を見つけさえすれば、主導権を握ったも同然です。

 

 

あとは浅いタナを拾い釣りして回るのと同じ要領で、防波堤をドンドン歩き回ることで数も揃いますし、大きなメバルにも出会えます。

 

 

クロダイの落とし込み釣りと同じように釣果は歩いた距離に比例すると言っても過言ではありません。

 

 

釣りものが少ない寒い時期に、釣り人をヒートアップさせてくれるのがメバルです。

 

 

防寒対策をバッチリ行って、メバルの数釣りを楽しみましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ご参考に!!