ヘチ釣りなら初心者でもクロダイと出会える!

クロダイのヘチ釣りが簡単な理由

防波堤からクロダイを釣る方法としては、

・マキエを撒いてのウキ釣り
・投げ釣り
・ウキダゴ
・ダゴチン釣り
・ヘチ釣り(落とし込み釣り、コスリ釣りなど)
・ルアー釣り(チニング、ブリームゲームなど)

・・・等々がありますが、ビギナーが参戦してかなりの高確率でクロダイと出会える釣り方と言えば、ヘチ釣り(落とし込み釣り、コスリ釣りなど)ではないか?と思います。

 

 

まずは道具仕立てが簡単ですし、仕掛けもシンプルそのもの。

 

 

こちらの図をまずはご覧ください。

タックルと仕掛けを説明します。

 

タックルは、
・3.6〜4・2mのズーム式落とし込み用ロッドがこれまでの経験上最適です。

 

・リールは落し駒、チヌ専用リール、小型両軸リールなど自分が使いやすいものを選びましょう!

 

仕掛けですが、
・リールに巻くミチイトはナイロンの2・5号〜3・0号が私は良いと思います。
(PEラインはおすすめいたしません!)

 

・ケミホタルのミニを付属のビニールパイプを4分の1にカットしたものを2つミチイトに通して止 めます。(狙うタナによって移動させるのです)

 

・ミチイトとハリスは直結します。

 

・ハリスは昼間であれば1・5号がおすすめです。
 夜釣りの時は2号でも3号でも「クロダイの食い」は変わりないので太いものがおすすめ。

 

・ガン玉の大きさは極端に言えば、ノーシンカーから6Bを2つぐらいまで状況や狙うタナに  よって使い分けます。

 

・ハリは好みにもよりますが、
  ・チヌバリ
  ・伊勢尼
  ・アブミ
  ・渓流バリ
  ・袖型  
・・・・と、いろいろなハリを使う方がおられます。

 

 

 

 

たったのこれだけのタックルと仕掛けで、クロダイはもちろんいろいろな魚に出会える可能性を秘めています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ヘチ釣りのキモはどのタナを狙うかで決まる!

 

一般論ですし、その日の様々な条件によって違いますが、昼間のクロダイ狙うときは海底付近、夜釣りの場合は海面から1〜2ヒロ(1・5メートルから3メートル)ぐらいの深さにクロダイが多いとされています。

 

 

クロダイがいるタナを見つけることは、防波堤釣り全般に通じることで、シーバスやメバルなどもその日の時間帯によって刻々とタナを変えるのと同じように重要なことです。

 

 

例外的に昼間でもクロダイが浅いタナに浮いていることもありますし、夜釣りでも海底付近にいることもあります。

 

 

クロダイがいるタナをいち早く探しさえすれば、クロダイ釣りは決して難しくはありません。

 

 

それよりも大切なことがあります。

 

 

クロダイ釣りに大切なことは「場所とエサ」

 

 

どんな魚を狙うにせよ、狙う魚がいないところで釣っても釣れません。

 

 

大切なことは、クロダイがいるポイントを探すことです。

 

 

次に大切なことはエサです。

 

 

季節や時間帯によって釣りやすいエサというのがクロダイ釣りにはあります。

 

 

初心者の場合は夜釣りでアオイソメを使う釣り方が一番堅実且つ可能性大です。

 

 

カニやカラス貝は、正直なところビギナー向きではありません。

 

 

多くの場合、他のアタリはほとんど皆無ですし、アタリがないことが多いので釣りが嫌にもなるんです。^^;

 

 

7月から10月ぐらいのクロダイの最盛期アオイソメを使った夜のヘチ釣りが初心者には簡単かつ釣果を上げやすい釣り方だと、私の経験上から申すことができます。

 

 

ですから、初心者の方は最盛期の夕方から釣り場に行くことで、クロダイを釣り上げることができる可能性が高いということです。

 

 

 

シンプルで簡単明瞭。

 

 

 

ただエサのアオイソメを付けて防波堤のヘチをタナを変えて探るだけです。

 

 

 

これなら初心者でも、すぐにできるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トップページに戻る

 

 

スポンサードリンク

ご参考に!!