シーバスのウキ釣りでは爆釣なんて当たり前!

ビギナーでも爆釣は夢ではないシーバスのウキ釣り

防波堤釣りの人気魚の一つで、お子さんからベテランまで幅広い層に熱狂的なファンがいるのがシーバスです。

 

 

 

野池や河川・湖沼でブラックバスを狙っていた少年たちが、そのままのタックルでソルト用のルアーを付けて海釣りデビューをやるにももってこいの魚がシーバスでもあるのです。

 

 

海釣りデビューで運よくシーバスをゲットできるラッキーなこともありますが、ゲットできなかった方でも爆釣が夢でも何でもないのがシーバスのウキ釣りです。

 

 

シーバスのウキ釣り仕掛けは、移動ウキ仕掛けの入門として是非ともマスターしたい仕掛けです。

 

海釣り仕掛けではこの移動ウキ仕掛けを絶対にマスターしなければクロダイやメジナ等々がウキ釣りで狙えませんが、その基本となるのがこちらの仕掛けです。

仕掛けのポイントを解説いたします。

 

・タックルなんですが、ロッドは予期せぬ大物が釣れても大丈夫なように、太めのものを使うほうが安心できます。
ロッドは磯竿の1・5号から2号の5・3メートルが使いやすいです。
磯竿2号
リールもスピニングリールの3000番ぐらいが使いやすいです。
スピニングリール3000

 

・リールに巻くライン(ミチイト)ですが、ナイロンの3〜4号が150〜200メートル巻ければOKです。

 

・ハリスはナイロンの3〜4号を50センチから1メートルぐらいとします。
(※夏場は水深50センチぐらいのところにいることが多々あります)

 

・ハリは丸セイゴの11号〜15号ぐらいを釣れるサイズに合わせて適宜結び直します。

 

・ミチイトに一番最初に付けるのがウキ止めゴムです。

 

・さらに小さめのシモリをミチイトに通し、スナップサルカン付きのスイベルを付けます。

スナップサルカンの代わりにこちらでもOKです。

 

・ウキが仕掛けと絡まないように「からまん棒」を付けます。
(※「からまん棒」とオモリの間隔はウキの長さ以上、できれば2倍以上離す)

 

・ウキの負荷に応じたオモリを付ける。
(※ヨリモドシやガン玉の重さを考慮したオモリを付けないとウキが沈む)

 

・ウキは電気ウキでもよいが、トップにケミホタルを付けられる棒ウキを選んだほうが賢明。
(電気ウキは高価な上、扱いがまずいとすぐに電気が点かなくなる!!)

 

 

川釣りの場合は小さなウキをゴム管で止めた「固定ウキ仕掛け」がほとんどですから、最初はこの「移動ウキ仕掛け」が難しく感じるかもしれません。

 

 

でもこの移動ウキ仕掛けをマスターすると、水深が15メートルもあるような湾奥の埠頭のポイントの海底付近でもウキ止めゴムをずらすだけで狙える優れた仕掛けでもあるため、是非ともマスターしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

シーバスのウキ釣りのエサについて

 

シーバスのウキ釣りに使うエサは、モエビアオイソメの2種類が主流です。

 

 

昼間にシーバスのウキ釣りをするときはモエビが絶大なる威力を発揮します。

 

 

極論を言えば、日中にウキでシーバスを狙うときはモエビが入手できなければ釣りを断念したほうが良いと思えるほどシーバスの大好物で、日中のエサでモエビに敵うエサは他には見当たりません。

 

 

ところが、夕マズメから夜にかけてはアオイソメのほうがよく釣れます。
(このことはクロダイやメバルに関しましても同様なことが言えます。)

 

 

釣りの本や雑誌などではハリにアオイソメを房掛けにするみたいなことが書かれているものもありますが、私の経験上房掛けはタブーです。

 

 

なぜかと言いますと、30〜40センチのセイゴクラスのシーバスは、細いところばかり突いてハリに掛からないからなんです。^^;

 

 

釣具屋さんでアオイソメを購入するときに太めのアオイソメを選んでもらって1匹掛けしたほうが釣れる確率は高くなります。

 

 

小型〜中型が多いときは、ハリに刺してたらしは5〜6センチのほうが良く釣れます。

 

 

 

シーバスのウキ釣りのアワセの注意点

 

シーバスのウキ釣りについて一番大切なのは、アワセのタイミングで、これを間違うと全く釣れません。

 

 

電気ウキや棒ウキの先にケミホタルを付けたものがユラユラ・・として一瞬ウキが沈みますが、ここでアワセを入れると100%ハリに掛かりません。

 

 

ウキに妙なアタリがあり、一度ウキが沈んでからすぐに浮いてきます。

 

 

数秒から十秒ぐらいの間に、必ずもう一度ウキが沈んでいきます。

 

 

この時にウキが海水に消えてなくなってからゆっくりと「1、2、3」と数えて竿をビシッ!!と、立ててアワセを入れることが重要なキモとなります。

 

 

※シーバスのウキ釣りの数釣りのコツ

早アワセは厳禁です!!
一度目のアタリをやり過ごし、2度目のアタリで最低3秒ぐらい間をおいてアワセを入れるのがシーバスのウキ釣りの数釣りのコツです。

 

 

シーバスがハリに掛かってからの注意点

 

シーバスがハリに掛かると、個体によって引き方はいろいろあります。

 

 

・リールのスプールからイトをドンドン出して沖に逃げていくもの
・海底深く潜ろうとするもの
・頻繁にエラ洗いを繰り返し徹底抗戦するもの

・・・等々。

 

当然のことなのですが、リールのドラック調整をしておかないと大物は釣れません。

 

 

ほとんどのリールはフロントドラックになっていますから、そのつまみを緩めたり締めたりしてある程度の引きがあった時にスプールが回転してミチイトが出るように調整しておくことが必要不可欠になります。

 

 

また、リールを巻いている時に急に軽くなって「あれ〜?バレたかな?」と思うことが多々ありますが、その時はシーバスが釣り人のほうに向かって泳いでいることが多く、油断は禁物です。

 

 

大型のシーバスほど、この釣り人を騙すような泳ぎ方をするんです。

 

 

なので、リールを巻くときに軽くなっても一定スピードで巻き続けることが重要です。

 

 

更に、ハリが掛かった部位にもよりますが、取り込みに時間を掛ければ掛けるほどバラす確率が高くなるのでタモ入れでモタモタ…していると逃げられますから、タモは大きいほど有利です。⇒シーバス用タモ

 

 

どうして時間をかけるべきでないかと申しますと、ハリが喉の奥などに刺さった場合はシーバスが暴れて首を振ったりエラ洗いをするたびにハリスにキズが付いてそこからハリスが飛ばされるんです。

 

 

80センチオーバーのシーバスでも、一気に近くに寄せてなるべく一発でタモ入れを決めれるようになれば、釣れる確率がグンと上がります。

 

 

 

こればかりはある程度場数を踏まないとなかなか腕が上達するものではありませんが、アワセのタイミングタモ入れの素早さをマスターして数も型も釣れる釣り人になってください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ご参考に!!