ガン玉の大きさや打つ場所で釣果は大きく左右する

ガン玉は適当にハリスに付けるな!

「ガン玉だけで釣果が全然違う!」というと、「そんなことはあり得ない!」と思う人もいるかもしれませんが、実はガン玉の大きさとハリスに打つ位置で歴然とした釣果の差が出るのです。

 

 

 

 

例えばウキ釣りをするときに、2Bと書いているウキを使う際にヨリモドシを付けて2Bのガン玉を付ける釣り人は、よほどのビギナーでもない限りいないはずです。^^;

 

 

ヨリモドシの大きさにもよりますが、その重さを勘案してウキが沈まない程度のガン玉をハリスに適当に付けるのが普通です。

 

 

さて、ハリスのどの位置にガン玉を付けるかを真剣に悩みぬいた方はおられるでしょうか?

 

 

ハリの上2センチぐらいのところ?
ハリの上6^7センチぐらいのところ?
ハリの上15センチぐらいのところ?
・・・??

 

 

実はその日の海の状況や狙う魚やエサによって、正解はその時々の条件で決まるのです。

 

 

いつもお決まりのワンパターンでは、釣れる魚も釣れないことがあるのです。

 

 

例えばクロダイやスズキは、多少なりとも波っ気があるほうが食いが立ちます。
(波の程度にもより、白波が防波堤に打ち付けられて釣り人にかかるようなときはダメ!)

 

 

また、メバルは俗に「メバル凪」が良いとされていますが、私のこれまでの経験上多少なりとも波っ気があったほうが良い釣果に恵まれた記憶があります。

 

 

当たり前のことなんですが、波の高低・潮の速さなどでもガン玉の大きさは違います。

 

 

それをいつも通りのワンパターンの仕掛けで適当にガン玉を付けるようなことがあれば、釣れる魚も釣れなくて当然なんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

「ガン玉を極めること」を要求される魚たちと釣り方

 

 

ハリスの長さもいい加減、ハリスの太さもいい加減、ガン玉の大きさや打つ位置もいい加減で釣れる魚も案外います。^^;

 

 

もちろん常軌を逸したような仕掛けは論外ですが、このパターンにある程度該当する魚の代表格がシーバスです。

 

 

 

 

ところが、これとは反してガン玉の大きさや打つ位置をかなり頭の中で計算づくのイメージをしないとなかなか釣りにくい魚がクロダイであり、メジナです。

 

 

確かにクロダイやメジナが防波堤から適当な仕掛けで釣れることもありますが、毎回は釣れないのです。

 

 

クロダイやメジナをマキエを撒いてウキ釣りで狙うときは、その時の海のコンディションにもよるのですが、ガン玉を打つ位置で釣果がガラリと変わります。

 

 

更にクロダイの落とし込み釣りやコスリ釣り、脈釣り、ヘチ釣りなどに至っては、使うエサや釣る日の海のコンディションでガン玉の大きさや打つ位置の違いで釣果がまるで違うことを思い知らされます。

 

 

 

 

よく、「潮を読め!」と言われますが、その日の海を読んで、TPOを勘案してどこにいるのかをリサーチしながら適切なガン玉を打つことが出来なければクロダイに会うことができないのがよくあるパターンなのです。

 

 

クロダイ釣りが難しいと言われる所以はここにあります。

 

 

裏を返せば、釣れる場所で、釣れるエサで、釣れる仕掛けでクロダイを狙うと驚くほどにガンガン釣れることが多々あるのです。

 

 

それほどガン玉の打ち方は難しいものです。

 

 

たかがガン玉、されどガン玉ではなく、使うハリの種類や号数以上に気を遣わねばならない部分でもあるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

トップページに戻る

スポンサードリンク

ご参考に!!