地元の腕利き釣り師は釣り場ガイドもネットの釣り情報など一切見ません!!

釣り場案内や釣り情報を見ているうちは100%腕利きではない!

本屋さんや釣具屋さんで釣り場のガイドブックを購入したり、スマホで釣り場情報を入手している方はどのような釣り人が多いと思いますか?

 

 

よ〜く考えてもみてください。

 

 

行くたびに思ったように釣れない方だとか、これから初めての釣り場に行こうと思っている方だとか、ボウズ続きの方だとか、イメージ通りに釣れないときに釣り場のガイドブックを見たり、スマホで釣り情報などを検索することが多いのではないでしょうか?

 

 

実は、釣果をかなりの確率であげれる腕利きのベテラン釣り師は、このような媒体にほとんど無縁なのです。

 

 

なぜならば、季節季節に応じて狙った魚が釣れるマル秘ポイントを持っていて、そのポイントでの釣り方を熟知しているからなのです。

 

 

行けばたいてい釣れるので、雑誌や釣り場ガイドなど見る必要もなく、だれがどこで何を釣ったなどという釣り情報もさっぱり興味がないようにもなります。

 

 

もちろんどんな大物が釣れても、釣具店に持ち込んで釣果報告をしてみたり、釣り情報サイトに書き込みをするようなことは100%しないものです。

 

 

自分だけがひっそり、こっそり楽しめる四季折々のマル秘ポイントを人に教えるようなことは絶対にありません。

 

 

そこまで達するには、かなりの年月と経験がもちろん必要ですし、そのポイントを見つけるまではかなり辛酸をなめた経緯もあるものと察せられるからです。

 

 

では、釣り歴が短い釣り人がそういうマル秘ポイントを見つけられないのか?というと、そうでもないのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

季節季節に応じて狙った魚が釣れるマル秘ポイントの見つけ方

 

 


近くにトイレや駐車場が完備してファミリーフィッシングが楽しめる人気の防波堤がその土地土地には必ずあります。

 

 

こういう釣り場は春先から晩秋までは、よほどの悪天候でもない限り朝から夜まで釣り人が入れ替わり立ち代わり訪れますし、どうかするとオールナイトで釣りをしている方々もいます。^^;

 

もちろんこういう釣り場でも、夜になると大型のクロダイやスズキなどが回遊して釣れることもありますが、確率から申しますとそれほど多くはありません。

 

 

ですが、人気がある防波堤にいる魚たちがスレまくっていることは容易に察することができるはずです。

 

 

そもそもどういう防波堤が人気があるのかを考えてみますと、

・駐車場が完備してある
・釣り場の近くにトイレがある
・多くの釣り人を収容できる規模がある
・釣り座が広く釣りやすい
・防波堤の随所にハシゴなどがあり海に落ちても安全である
・夜に水銀灯が点き、小魚が寄ってくるし、寂しくない釣り場
・近くに釣具屋さんがあり、エサや小物をすぐに調達できる
・近くにジュースなどの自販機がある

・・・などなど。

 

 

ですが、こういう場所は小さなお子さんも多く、釣りをしている横でラジオで大音量で野球中継を流す方だとか、釣りに飽きてキャッチボールを始めるような方もいます。^^;

 

 

一人で狙った魚と対峙したい!というときは、このような人気の釣り場は全く向いていませんし、周囲に釣り人がいるだけでイヤになる派の方もおられると思います。

 

 

私もどちらかというと、誰もいないような釣り場が好きです。

 

 

なので人気の釣り場をあえて避けて、ここなら釣り人が来ないだろう?というような場所であえて竿を出すようにしたのです。

・物理的にもあまり竿を出したくないような場所
・心理的にもあまり竿を出したくないような場所

 

 

8割〜9割は、たいして魚が釣れないつまらないポイントに出くわしますが、稀に驚くようなポイントにも出くわすことがあるのです。

 

 

まさか、こんなところで!!と思うようなポイントなのです。

 

 

自分にとってのマル秘ポイントは、残念ながら自分の足を使って昼夜を問わず探して回る以外にないのです。

 

 

狙う魚、好きな魚、釣りたい魚、釣りたくない魚・・は釣り人によって異なりますから。

 

 

マル秘ポイントを探すことは容易ではありませんが、探し当てたときの嬉しさは金脈を見つけたような喜びがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

トップページに戻る

スポンサードリンク

ご参考に!!