はまるほどに魚が釣れなくなる防波堤釣りの魔力

防波堤釣りの難易度はどうなの?

釣りが初めて!海釣りが初めて!という方でも、知り合いと一緒に近くの防波堤に行ってサビキ釣りやちょい投げ釣りをすると、防波堤釣りって、案外簡単なんだ!!と思うはずです。

 

 

 

そこで今度は自分一人で防波堤に行ってみて、同じ仕掛けやエサを使ってやってみると驚くほど釣れなかったりするものです。^^;

 

 

 

どうして釣れなかったのか?を考え込んでしまうことが多々あるはずです。

 

 

 

おかしいな〜!前回友達と行ったときはあれほど簡単に釣れたのに!!と首をかしげることが多いはずです。

 

 


また、よしんば釣れたとしても自分がサビキ釣りやちょい投げ釣りをしている近くで大型のクロダイを釣っている釣り人を目撃したりすると、「俺もあんなクロダイ釣りたいな〜!!」と思うのは人として当たり前の心理だと思います。

 

 

それから見よう見まねでクロダイ釣りにはまり、本や雑誌を読んでは何度も何度も足しげく防波堤に通ってもなかなか大物のクロダイどころかクロダイそのものにも出会えないことが多いはずです。^^;

 

 

クロダイ釣りが難しいのか?そもそも防波堤釣りが難しいのか?と考えるようにもなるはずです。

 

 

サビキ釣りやちょい投げ釣りで、たまたまいろいろな魚が釣れたからと言って防波堤釣りが簡単だと思ったら大間違いであることに気づかされるはずです。

 

 

実は防波堤釣りは、海釣りの入門的な釣りであると同時に難易度はかなり高い釣りでもあるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

防波堤釣りが簡単でもあり、超難しい理由とは?

 

 

私は船釣りも磯釣りもやってきて、大型クーラーに入りきれないほどの釣果を得たことがかなりありますが、船釣りや磯釣りは決して安くもない費用が掛かり、お金を払って魚がいる場所に連れて行ってもらうのが大前提です。

 

 

 

 

特に船釣りでは、船長の良し悪しで釣果がほぼほぼ決まると言っても過言ではなく、他の釣り船が行かないマル秘ポイントをいくつも知っている船長の船に乗ると、信じられないような高級魚が入れ食い状態になることもあるんです。

 

 

自分が釣ったというよりも、腕利きの船長の的確な判断のおかげで釣らさせていただいたというのが後になってしみじみと分かるはずです。

 

 

腕利きの船長が、釣れる場所で、釣れる仕掛けで、釣れるエサを指示してくれるわけですから、5キロを超えるようなマダイやヒラメ、マハタや10キロに迫るブリやヒラマサ、カンパチ…などが釣れると、初めの頃はとてつもなく嬉しいものです。

 

 

ところが、回数を重ねてそれが当たり前になると、だんだん感動すらしなくなるのです。

 

 

数万もするロッドを何本も買い揃え、電動リールも数個買い揃え、ジギング用のリール、タイラバ用のリールなどを購入し、なんだかんだと1回に掛ける費用が2万円ぐらいかけて船に乗るわけですから、釣れてもある意味当然と言えば当然のような気もします。^^;

 

 

ところが、船釣りや磯釣りに行くようになってから、近くの防波堤に釣りに行くと、まあさっぱり釣れないことに改めて驚いたものです。

 

 

俺ってこんなに釣りが下手だったかな〜?などと思うほどにさっぱり釣れません。(爆)

 

 

 

船釣りで竿頭となり、高級魚をクーラーに入らないほど釣り、ご近所や親しい釣り仲間に配って回る釣り人が、防波堤では行くたびにボウズを食らったりもするのです。(涙)

 

 

ですが、実はそのようなことは当然と言えば当然なのです。

 

 

船釣りでは、船長が魚探を見ながら、あるいは長年培った経験則で魚がいるところに連れて行ってもらえますが、防波堤釣りの場合はそうはいきません。

 

 

ガゼネタも含めた釣り場の情報収集から始まり、仕掛けやエサやタックルや潮時までも勘案して自己責任で釣行計画を立てねばなりません。

 

 

しかもそこまで入念に下調べをしても、釣り場に行ったら釣り人だらけで竿を出すところもままならないような状態であることが少なくありません。^^;

 

 

相手は次から次に連日に入れ替わり立ち代わり来る釣り人でスレまくった魚たちで、人気の防波堤では魚の数も決して多くはありません。

 

 

ある防波堤に何ら知識がなくて初めて行って、思った魚種をバンバン釣り上げることは、テスターでもほとんど不可能に近いことだと思います。

 

 

テスターよりも地元の常連客のほうが、その釣り場では腕利きだったりするのはよくあるパターンです。

 

 

春夏秋冬どの場所にどのような魚が付いて、どんな釣り方をしたらよく釣れるのかを知り尽くした地元の老練釣り師に敵わないのは、ある意味仕方ありません。

 

 

しかも、腕利きの老練な凄腕釣り師は釣り場の情報などを一切極秘にしますから、人がたくさん押し寄せるような人気の防波堤などで竿を垂らしたりはしないのです。

 

 

防波堤釣りは海釣り入門には最適ですが、人よりも確実に数倍の釣果を得ろうとすれば、とてつもなく難易度が高い釣りでもあると思います。

 

 

周りはライバルだらけで、スレまくった魚を相手にせざるを得ません。

 

 


平日に休みの方がある防波堤に出向いて、釣り人がほとんどいないのに、何も釣れないことに唖然とすることはありませんか?

 

 

直近の土日祝日にどれほど多くの釣り人がそこに押し寄せたかを考えれば、その防波堤で竿を垂らしてお目当ての魚を釣ることがどれほど難しいかはご理解頂けると思います。

 

 

 

私自身これまでたいていの海釣りを経験してまいりましたが、防波堤釣りは考え方によってはとてつもなく難しい釣りだと改めて思うのです。

 

 

ビギナーでも楽しく遊べる釣り方もありますが、本格的にある魚を専門に釣ろうとすればとてつもなく難易度が高いのも防波堤釣りではないかと思えます。

 

 

難しいからこそ、防波堤釣りをマスターして頂きたい思いもあるのです。

 

 

釣りの本などには、近くて行きやすいだとか、だれでも釣れるみたいな良いことばかりが意図的に書かれていますが、何事にも表があれば裏があり、陽があれば陰もあるのです。

 

 

誰もが始めることができても、誰もが良い釣果を得ることができるわけでもないのが防波堤釣りなのです。

 

 

私は小学校に上がる前から50年以上海釣りをしていますが、防波堤釣りが簡単だと思ったことはこれまで一度もありません。^^;

 

 

やればやるほどに難しさと奥深さを思い知らされます。

 

 

特に政令指定都市などの防波堤やその近郊の防波堤釣りの難易度は、極めて高いものです。

 

 

人口が少ないド田舎や離島の魚がスレていない防波堤釣りとは隔絶した難易度を感じるのです。

 

 

釣果だけが、すべてではありません。

 

 

人口が少ないド田舎や離島の魚がスレていない防波堤釣りでは、穴釣りでカサゴなどいくらでも釣れますが、政令指定都市などの防波堤やその近郊の防波堤ですと、1匹も釣れないようなことは多々あります。^^;

 

 


これぐらい釣れれば、たいしたものなのです。

 

 

政令指定都市などの防波堤やその近郊の防波堤釣りをやってきた方は、ド田舎の防波堤や離島の防波堤に行くと驚くほどの釣果を得ることがありますが、その逆は推して知るべしです。

 

 

大都市・中核都市の近郊の防波堤釣りは、それほど難しいのです。

 

 

 

でも、釣り歴が長い釣り人が確実に釣果を上げているマイポイントもあるのです。

 

 

 

その捜し方などを知りたい方は次のページを読んでください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

トップページに戻る

スポンサードリンク

ご参考に!!