タックルボックスの中に数個のルアーやエギを入れておくのは釣り師の嗜み

ソルトルアータックルは防波堤釣りのマストアイテムです!!

日新月歩で進化し続ける釣りの分野の一つがソルトルアーの分野だと思われます。

 

 

 

 

私が30年ほど前にソルトルアーを本格的に始めた当時は、ソルトルアーという言葉もあったようななかったような気もしますし、とにかく海のルアーフィッシングと言えばシーバス、つまりセイゴ〜スズキ一辺倒だったような気もします。^^;

 

 

 

もちろんその当時から海釣りのルアーの本などには、いろいろな魚がルアーで狙えるようなことが書かれて言いましたが、実際に防波堤でルアーフィッシングをやっている方を見ることはほとんどありませんでした。

 

 

今や全国的なブームにもなっているエギングによるアオリイカ狙いも、30年ほど前までは誰一人として狙っている方がいなかったんです。^^;

 

 

ところが今日では、防波堤からでも時期によってはブリ、ソウダガツオ、メッキ、カマス、カンパチ、サワラ、サバ・・というような回遊魚はもちろん、カサゴ、メバル、アイナメ、ソイ、キジハタ…などのロックフィッシュ(根魚)、タチウオ、ヒラメ、マゴチ、アオリイカなどがルアーで狙えることを誰もが知ることとなっています。

 

 

マキエを撒いてクロダイをウキ釣りで狙っている目の前でベイトフィッシュのなぶらが出来て、それを追いかける何かがいたとしても従来はその光景を眺めているだけだったんですが、今はすぐにルアーを投げ込んでその正体を確かめることができます。

 

 

なので、エサ釣りを専門にしているベテランの釣り人のタックルケースの中にも数個のルアーやエギが入っていることが当たり前となりました。

 

 

ソルトルアーフィッシングのメリットとデメリット

 

 

ソルトルアーフィッシングのメリットは、何と言ってもエサを購入しなくて済むので、気が向けばいつでもルアーを投げてリサーチすることができる点にあると言えます。

 

 

仕事帰りに近くの漁港や防波堤に寄って、そこ30分ぐらいルアーを投げてみるということもよくあるパターンです。

 

 

中にはネクタイ姿の人もいます。

 

 

また、女性の多くはアオイソメだとかゴカイなどの虫エサが苦手だし、男性でもそういう方がおられます。

 

 

その点ルアーは気持ち悪いどころか可愛いものも多く、本当にこんなもので魚が釣れるの?というウキウキした気分になるものも少なくありません。

 

 

男性が女性を釣りデートに誘うときは、釣れる釣れないを度外視すれば、エギングを含めたソルトルアーフィッシングであれば、女性が嫌悪感を抱くことはほとんどないと思われます。

 

 

一方、ソルトルアーフィッシングのデメリットは魚種にもよりますが、エサ釣りよりは魚に出会えるチャンスが少ない点に尽きます。
(一概には言えませんけど!)

 

 

例えばアジを釣る際にサビキ釣りであれば、ビギナーでも簡単且つ数が釣れますが、これをアジングで1匹1匹釣ることはなかなか難しいものです。

 

 

メバリングもそんな感じがいたします。

 

 

ですが、港湾部で大型のシーバスを狙うときはエサ釣りよりもルアーのほうが簡単に釣れることも多々あるんです。

 

 

 

 

アオイソメをエサにしたウキ釣りや小アジをエサにした泳がせ釣りよりも簡便に大型のシーバスを狙うことができます。

 

 

メバリングの場合も防波堤から離れた場所にいる大型のメバルはエサ釣りよりもメバリングのほうが釣れる確率が高いのではないかと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

防波堤からのルアータックル

 

 

昨今では魚種別に特化したルアータックルがたくさん販売されています。

・シーバスタックル
・メバリングタックル
・アジングタックル
・ロックフィッシュタックル
・フラットフィッシュタックル
・エギングタックル
・ブリームゲームタックル(チニングタックル)
・ショアジギングタックル

・・・等々。

 

ですが、これらを魚種別に買い揃えていくと、いくらお金があっても足りません。^^;

 

 

ソルトルアーのパイオニアになる!!というのであれば話は別ですが、いろいろな釣り方がある中で魚種別のルアータックルを揃えていくことが得策だとも思えません。

 

 

なので、いろいろな魚種に対応できる汎用性の高いタックルを揃えることがソルトルアーのスタート地点に立つことだと考えます。

 

 

最初に買うべき防波堤からのソルトルアーロッド

 

 

釣りの本や雑誌などでは、8フィートから10フィートのシーバス用の専用ロッドを推奨していることが多いのですが、私の経験上これに異論はありません。

※ 1フィートはおよそ30センチだと覚えてください。
なので8フィート〜10フィートは2・4メートルから3・0メートルであるということです。

 

 

なぜならば、ソルトルアーで一番身近に出会える確率が高いのは紛れもなくシーバスです。

 

港湾部の湾奥や河口区域、河川の中流域の堰堤の下まで広範囲に狙えるのがシーバスでもあるからです。

 

 

なので、まずはシーバスにフォーカスし、できれば他の魚も狙える汎用性が高いロッドを選ぶことが得策でもあると思うのです。

 

 

お勧めできるロッドが二つあります。

 

 

一つはこちら。

 

 

もう一つはこちら。

 

 

 

どちらの竿も汎用性抜群でいろいろなルアーフィッシングで活躍しますし、ちょい投げ釣りや船からの釣り、ボートフィッシングにも使えるんです。

 

 

ビギナーはもちろんですが、釣り歴の長いベテランも愛用者が多いようです。

 


ちなみに釣り歴50年余の私もAbu Garcia(アブ・ガルシア) を愛用しています。

 

 

 

最初に買うべき防波堤からのソルトルアーリール

 

 

最初に買うのであればスピニングリールが投げやすくておすすめです。

 

 

国産ブランドはもちろん海外ブランドのスピニングリールでは、高級機になると10万円を超えるようなものもありますが、本格的にソルトルアーにはまる気持ちがあれば、最初から高級機を購入しても、期待を裏切ることはないと思います。

 

 

しかし、いきなり高級機を手にしても初心者がその良さを知って使いこなせるかどうかは疑問符です。

 

 

だからと言って、とりあえずソルトルアーをやってみようかな〜!!というぐらいの初心者でも、あまりにお粗末なスピニングリールは、また買いなおさねばならなくなるためにお金をドブに捨てるようなものです。

 

 

価格的にもそれほど負担がかからず性能もソコソコ良いというコスパに優れたスピニングリールもあります。

 

 

一つはこちらの替えスプールが最初からついているスピニングリールです。

 

替えスプールがあると、本当にとっても便利で、一つにはPEラインを巻いてソルトルアーに使いもう一つのスプールにはナイロンラインを巻いて投げ釣りや磯釣りなどにも使えます。

 

 

もう一つはこちらのスピニングリール。

 

 

ご紹介した2つのスピニングリールの用途は、ソルトルアーフィッシングだけでないことは言うまでもありません。

 

 

スピニングリールに巻くラインは、
PEラインの場合は1号〜2号(4ポンド〜8ポンド)
ナイロンラインの場合は2号〜3号(8ポンド〜12ポンド)
が目安です。

※エサ釣りに慣れている方はポンド表記が理解しにくいと思いますが、凡そですが、1号=4ポンドと覚えておけば大体何号のラインかが分かります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ご参考に!!