ウキ釣りをするなら絶対にいるのが磯竿です!

磯竿は防波堤釣りでは絶対に必要な竿です!

防波堤からウキ釣りをするのは視覚的にも楽しいですし、投げ釣りや脈釣りではそもそも狙えないような魚をウキで釣るときに必要不可欠なのが磯竿です。

 

 

魚の中には投げ釣りや脈釣りでも釣れるし、ウキ釣りでも釣れる魚がいます。
その良い例がクロダイであり、スズキなのですが、どちらの魚も磯竿を使ったウキ釣りが一番オーソドックスな釣り方であるとも言えます。

 

 

またルアーでも釣れるけどエサ釣りのほうが比較的簡単に釣れる確率が高い魚として、タチウオやサワラなどを釣るときは磯竿が活躍します。

 

 

磯で使うわけでもないのに磯竿を言う名前がついているに少し疑問を持つ方もおられるかもしれません。

 

 

本来的には瀬渡しで磯に渡ったり、地磯から魚を釣るときに使う長めの竿のことを磯竿と呼ぶようになり、もちろん防波堤釣りでも頻繁に使われる5メートル前後の穂先が細い竿が磯竿です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

絶対に持っておきたい磯竿のタックル

 

 

防波堤から上物と呼ばれる人気のクロダイやメジナを狙うときに絶対持っておきたいのが磯竿と小型スピニングリールのタックル

 

 

磯竿はいろいろな号数があるが、絶対に購入したいのが長さが5・3メートルの磯竿の1号。⇒磯竿1号各種

 

 

価格は5000円前後から10万円を超えるものもあるが、コスパに優れているのは1万円〜2万円クラスのものが多い。

 

 

実際に釣具店などでもこのクラスの価格帯のロッドが多いはず。

 

 

何でも最高級のものをはじめから揃えてガチではまりたい!!という方はコチラがおすすめ。

 

 

また、穂先がらみや穂先の破損は磯竿ではある程度つきものなので、最初からガイドが付いていないインナーロッドを選ぶ手もある。
インナーロッド 磯竿

 

 

インナーロッドはメンテナンスが煩わしいものもあるが、ライントラブルが激減するし、穂先の破損のことを考えると、初心者であっても最初からインナーロッドを購入する手もある。

 

 

外ガイド仕様の従来品に慣れた釣り人だと、どうしてもインナーロッドの場合穂先が太くなるために嫌う方もいる。

 

 

磯竿につけるリール

 

磯竿につけるリールは小型のスピニングリールが一般的で、ちょい投げ釣り用のスピニングリールを使っても良いが、投げ釣りで使うラインをそのまま使うのは少し考えもの。

 

 

替えスプールを購入しても良いが、替えスプールを単体で購入するよりも新たにスピニングリールを購入したほうが案外安い場合が多い。

 

 

またあらかじめ替えスプール付きで販売されているスピニングリールもある。
替えスプール付き スピニングリール

 

 

私も愛用していますが、替えスプールがあると本当に便利です。

 

 

2000番クラスですとクロダイやメジナやメバルなどに使えますし、ちょい投げ釣りにも使えます。

 

 

3000番クラスですと、スプールにPEラインとナイロンラインを別々に巻いておけば、シーバスやタチウオ、サワラ、アオリイカ、フラットフィッシュなどにも使えます。

 

 

スピニングリールのお値段も5000円前後のものから10万ぐらいする高級機もありますが、私が使った感じでは価格による釣果の差はありませんので、好きなブランドの好きな機種を選んだほうが良いと思います。

 

 

 

タックルは値段もさることながら、好きになることも重要ではないかと思います。

 

 

 

磯竿とリールで20万ぐらいするタックルよりも、2〜3万のタックルのほうが良く釣れた記憶がある方も多いのではないでしょうか? ^^;

 

 

自分が愛着を感じられるタックルは使用頻度も高く、ゆえに釣れた記憶もあるためにゲンを担いでよく使ったりもするのです。

 

 

釣りはメンタルな部分もありますから、これを使うと必ず何かが釣れる「自分の当たりタックル」というものがいつの間にかできるんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

トップページに戻る

スポンサードリンク

ご参考に!!